Menu
0 Comments

クレジットカード現金化をボーナス払いで返済する

クレジットカード現金化の代金を返済する方法のなかに、消費者金融や銀行などで借りた時とは違って全てをボーナス払いにするという方法があります。
金融機関などでは、ボーナス払い併用はあっても、ボーナス払いだけというのはなかなかありません。

クレジットカード現金化代金のボーナス払い

ボーナス払いはその名のとおりボーナスのでる月にまとめて返済することになります。
それが夏のボーナス時になるのか、冬のボーナス時になるのか、それは現金化を利用したタイミングによっても違いがあります。
だいたい、7月までに利用した場合は、夏のボーナス一括払いになりますし、それ以降12月までに利用した場合は、冬のボーナス一括払いになります。
今がどちらのタイミングでの利用なのかわからないという人は、一度クレジットカード会社に問い合わせをした上で利用してみると安心かもしれません。

ボーナス払いのメリットデメリット

ボーナス払いにすることのメリットですが、今現在お金が足りなくて困っていても、ボーナスが入れば潤うので、お金を用意することができるという人は支払いを待ってもらえるということになりますので、助かるというメリットがあります。
しかしデメリットとしては、ボーナス払いをあてにしていたのに、ボーナスがでないこともあるという点でデメリットです。
本当に出るのかどうかが重要です。
また、ボーナスが全ての人にある訳ではありません。
今お金に困っているからといってボーナスが出ない仕事をしているのに、今の状況を回避したいがために、ボーナス払いにして、支払いを先延ばしにして、その時に困るということもあります。
そうならないようにするためにも注意が必要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です