Menu
0 Comments

クレジットカード現金化のリボ払いで返済する

クレジットカード現金化を利用したときに、リボ払いで返済するという方法もあります。

リボ払いはとても便利な返済方法ですが、若干デメリットなどもありますので、詳しくここで見た上で便利に利用できるようにしたいですね。

クレジットカード現金化のリボ払い

リボ払いというのはそもそもどのような支払い方法なのかというと、毎月決まった返済額で返済するというものです。

分割払いにも似ているのですが、分割払いでもありません。クレジットカード現金化のリボ払いにすれば返済の負担が減りますので良い面があります。

リボ払いのメリットは?

リボ払いは返済が月々一定額になりますのでメリットが多いですね。

毎月一定の、自分が支払えそうな額に設定することができますので、例えばクレジットカード現金化で5万円利用したとして毎月5000円ずつ返済するとしたら、10回払いになります。

毎月5000円なら支払っていけると、敷居を下げることで、確実に返済することができるという流れです。

リボ払いのデメリットは?

リボ払いは利用者にとってはとても便利なサービスですが、実際のところ、デメリットもあります。

それは金利が若干普通に支払うよりも、高くついてしまうのです。一括払いの場合は金利手数料がつきませんが、分割払い、ボーナス払いになるとつくことがあります。

これはカード会社によっても違いがありますので、一概には言えないのですが、金利手数料がリボ払いは高くなりますので、総額にしてみると一括で支払っているよりもかなり多めに返済することになってしまいますので注意しましょう。

その点がリボ払いにおけるデメリットです。
それを理解しておけば大丈夫でしょう。もし総額が高くなるのが嫌なのであればリボ払いは利用しないほうが無難です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です